サービス案内

当社は日産自動車から誕生した出発点がユニークな分析会社です。幅広い材料に対して高いレベルで対応できる研究者と設備を有しています。

企業情報はこちら
分析サービス一覧
注目の分析サービス


先進LIB用混合電極のC-AFMによる分析

活物質の種類や状態による導電性の違いを調べることが可能です

C-AFMによるSi/Gr混合負極の断面分析

コンダクティブAFM(C-AFM)を用いることにより、数μm〜80μmエリアにおける活物質の導電性を評価することが可能です。ラマン分光法との組み合わせにより、GrおよびSi系などの活物質種による比較も可能です。

C-AFMによる導電性マッピング

電極断面においてGrおよびSi系活物質をラマンマッピングで特定した後、C-AFMを用いて同一箇所の形状像および電流像を取得しました。その結果、電流像からSi系活物質はGr活物質よりも導電性が低い(高抵抗)ことが確認できました。また、劣化品は初期品よりも、Si系活物質の周りのGr活物質において、導電性の低い箇所がより多く観察されました。

【画像をクリックすると拡大します。】

PDF形式 (794KB)
左のアイコンをクリックすると、別ウインドウで開きます。

資料のダウンロードにはお客様情報の入力が必要となります。

日産アークは安全、環境、品質、新材料開発で蓄積された技術を皆様にご提供いたします。
当社技術営業部では、各分野の材料・分析の専門家が皆様のお問い合わせ、ご相談をお待ちしています。
現象解析から最先端の分析の相談まで、何なりとお申しつけ下さい。

お急ぎの方はお電話ください。046-812-4027
関連キーワード