サービス案内

当社は日産自動車から誕生した出発点がユニークな分析会社です。幅広い材料に対して高いレベルで対応できる研究者と設備を有しています。

企業情報はこちら
分析サービス一覧
注目の分析サービス


Nano-IRによるPVDF膜の加熱ケミカルイメージ

結晶性ポリマーを加熱すると、一般的に相転移(ガラス転移、融解など)現象とともに結晶状態が変化します。結晶状態の変化は材料の機能特性に影響するため、温度と結晶状態の関係を調べることは非常に重要です。Nano-IR分析にてサーマルプローブを使用すると加熱ケミカルイメージを得られ、高い空間分解能で結晶状態の変化が可視化できます。 

加熱ケミカルイメージの方法

Nano-IR分析にて加熱ケミカルイメージを得るには、室温〜300℃まで加熱できるサーマルプローブを使用します。原子間力顕微鏡(AFM)と同じ原理で、一定温度に保持したサーマルプローブを試料表面上で走査します。AFM像、加熱ケミカルイメージを同時に取得することができます。結晶性ポリマーであるPVDF膜へ適用例を示します。

PVDF膜の加熱ケミカルイメージ

PVDF膜のAFM像およびケミカルイメージを室温と200℃の加熱時での測定結果を示します。
AFM像は室温と200℃で大きな変化はみられませんでした。一方、ケミカルイメージは室温で白い部分が200℃で消失している様子が確認されました。これは、PVDFの融点は173℃のため結晶が融解したことによる状態変化と考えられます。

日産アークは安全、環境、品質、新材料開発で蓄積された技術を皆様にご提供いたします。
当社技術営業部では、各分野の材料・分析の専門家が皆様のお問い合わせ、ご相談をお待ちしています。
現象解析から最先端の分析の相談まで、何なりとお申しつけ下さい。

お急ぎの方はお電話ください。046-812-4027