サービス案内

当社は日産自動車から誕生した出発点がユニークな分析会社です。幅広い材料に対して高いレベルで対応できる研究者と設備を有しています。

企業情報はこちら
分析サービス一覧
分析別一覧

ナノ物性及びナノ形状解析
Nano-IR測定の原理

Nano-IR測定とは、ナノスケールの分解能を有する新しい赤外分光分析技術です。通常のFT-IRより1/200である50 nmの対象物から赤外分光スペクトルを得ることが可能な分析法です。

Nano-IR測定の原理

Nano-IRは、光熱誘起共鳴(photo-thermal induced resonance, PTIR)効果を活用します。

1.波長可変IRレーザー光源の赤外線を全反射(ATR) プリズムを通して下から
サンプルに照射します。
2.IRレーザー光の照射に伴い、サンプルの分子振動(吸収される光)は加熱を
引き起こすため、サンプルを大きく膨張します。
3.この急激な熱膨張は、一定の波長でIR光のナノ秒パルスの吸収によって
引き起こされ、高感度であるAFMカンチレバーがこの振幅変化をリングダウン
として検知します。
4.このリングダウン振幅は、IR照射量と比例するため、 フーリエ変換した値を
照射したIRレーザー波数とプロットすることによりnano-IRスペクトルが得られます。

日産アークは安全、環境、品質、新材料開発で蓄積された技術を皆様にご提供いたします。
当社技術営業部では、各分野の材料・分析の専門家が皆様のお問い合わせ、ご相談をお待ちしています。
現象解析から最先端の分析の相談まで、何なりとお申しつけ下さい。

お急ぎの方はお電話ください。046-812-4027