サービス案内
分析サービス一覧
分析別一覧

ナノ物性及びナノ形状解析
Nano-IRによるナノスケールのケミカルイメージ

Nano-IRによるケミカルイメージは、1つのピーク波数に着目して、その波数に活性を持つ官能基の量を可視化したものです。Nano-IRは従来のラマンマッピング法と比べて分解能が高く、ナノスケールで組成物のケミカルイメージが得られます。さらに、同時にナノ構造、ナノ化学状態、ナノ物性を可視化することもできます。
異なる種類のポリマーがナノスケールで分散したポリマーアロイへの適用例をご紹介します。 

PC/ABSのラマンマッピング

代表的なポリマーアロイであるPC/ABS樹脂について、ラマンマッピングを行いました。
ポリカーボネート(PC)とアクリロニトリル・スチレン(AS)の海島構造分布は可視化できましたが、ポリブタジエンの分散状態は不明でした。

PC/ABSのNano-IRケミカルイメージング

Nano-IRのケミカルイメージングによって、AS中に直径数10〜数100nmのポリブタジエン(PB)が分散している様子を確認できました。 ポリマーアロイのナノ構造を解析することによって、従来よりも優れた特性を持つ材料の設計や開発への指針となります。

日産アークは安全、環境、品質、新材料開発で蓄積された技術を皆様にご提供いたします。
当社技術営業部では、各分野の材料・分析の専門家が皆様のお問い合わせ、ご相談をお待ちしています。
現象解析から最先端の分析の相談まで、何なりとお申しつけ下さい。

お急ぎの方はお電話ください。046-812-4027