サービス案内

当社は日産自動車から誕生した出発点がユニークな分析会社です。幅広い材料に対して高いレベルで対応できる研究者と設備を有しています。

企業情報はこちら
分析サービス一覧
分析別一覧

ナノ物性及びナノ形状解析
Nano-IRによるPVDF膜の結晶状態評価

Nano-IR分析の位置指定は原子間力顕微鏡(AFM)の原理に基づいているため、ナノスケールの空間分解能でポリマーの結晶状態を評価することができます。
例えば、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)は結晶化の条件によって、多くの結晶構造(結晶多形)が現れます。PVDFは結晶構造の違いにより電気特性や熱特性が変わるため、結晶多形とその分布を調べることは大変重要です。

PVDF膜のnano-IR分析

スピンコーターで基板上に塗布したPVDF膜をAFM観察したところ、直径が数10μmの球晶を形成し、さらに球状部と繊維状部に分かれていることが確認されました。球状部と繊維状部についてnano-IRで分析したところ、各部位で結晶状態の違いが見出されました。 

日産アークは安全、環境、品質、新材料開発で蓄積された技術を皆様にご提供いたします。
当社技術営業部では、各分野の材料・分析の専門家が皆様のお問い合わせ、ご相談をお待ちしています。
現象解析から最先端の分析の相談まで、何なりとお申しつけ下さい。

お急ぎの方はお電話ください。046-812-4027