サービス案内

当社は日産自動車から誕生した出発点がユニークな分析会社です。幅広い材料に対して高いレベルで対応できる研究者と設備を有しています。

企業情報はこちら
分析サービス一覧
分析別一覧

ナノ物性及びナノ形状解析
in-situ RAMAN分析法によるリチウムイオン二次電池の負極材分析への応用

リチウムイオン二次電池の負極電極材の分析事例をご紹介します。不活性ガス雰囲気でのin situ RAMANマッピング分析を実現することで、化学状態(結晶性)から電極構成成分(活物質、バインダー、固体電極インターフェース、付着物)の可視化に成功しました。
リチウムイオン二次電池の内部抵抗の増加要素における研究開発に貢献します。今まで困難であった固体電極インターフェースの生成・劣化解析の解明に貴重なデータ・情報を提供します。

in-situ Raman分析法の特徴

イメージ

日産アークは安全、環境、品質、新材料開発で蓄積された技術を皆様にご提供いたします。
当社技術営業部では、各分野の材料・分析の専門家が皆様のお問い合わせ、ご相談をお待ちしています。
現象解析から最先端の分析の相談まで、何なりとお申しつけ下さい。

お急ぎの方はお電話ください。046-812-4027