サービス案内

当社は日産自動車から誕生した出発点がユニークな分析会社です。幅広い材料に対して高いレベルで対応できる研究者と設備を有しています。

企業情報はこちら
分析サービス一覧
カテゴリ別一覧

リチウムイオン二次電池
コイン型セル内の微量ガス分析技術

セル内部で発生する、微量ガスの定量分析ができます。

電池内部ガスの分析法

電池の使用に伴い内部では電解液が分解し、様々な生成物が生じます。これらの挙動を把握することは電池の性能や寿命および安全性の向上につながります。日産アークでは電池内の密閉した空間内の少量のガスについても大気の影響を受けずに成分や量を測定し、分析結果を提供いたします。18650型円筒電池に加えて、コイン電池の真空開封採取も可能になりました。

真空開封採取によるガス回収の概略図と測定結果(CR2032 コイン型セル)

真空開封採取によりガスを回収し、有機系ガスをGC-MS、無機系ガスをGC-DBD(誘電体バリア放電検出器)にて測定を行います。このGC-DBDは、TCD(熱伝導度検出器)に比べて10〜100倍感度が高く、コイン電池内のガス分析が可能です。

測定可能ガス量、濃度:
 ガス量 :0.6ml以上
 ガス濃度:1%以上 (ガス量1mlの場合)

水素、二酸化炭素などの無機ガスに加えて、メタンや電解液の溶媒由来と考えられる1.2-ジメトキシエタンも検出されました。

リチウムイオン二次電池,LIB,ガス分析,真空開封採取,ガスクロマトグラフ,GC-MS,GC-DBD,コイン型セル

PDF形式 (418KB)
左のアイコンをクリックすると、別ウインドウで開きます。

資料のダウンロードにはお客様情報の入力が必要となります。

日産アークは安全、環境、品質、新材料開発で蓄積された技術を皆様にご提供いたします。
当社技術営業部では、各分野の材料・分析の専門家が皆様のお問い合わせ、ご相談をお待ちしています。
現象解析から最先端の分析の相談まで、何なりとお申しつけ下さい。

お急ぎの方はお電話ください。046-812-4027