サービス案内

当社は日産自動車から誕生した出発点がユニークな分析会社です。幅広い材料に対して高いレベルで対応できる研究者と設備を有しています。

企業情報はこちら
分析サービス一覧
カテゴリ別一覧

リチウムイオン二次電池
AESによるSi系負極の元素分布分析

新しいAES装置の導入により、位置分解能が向上しました。

概要

高容量なリチウムイオン二次電池の負極材として、グラファイトとエネルギー密度の高いSiを用いた混合系負極が注目されています。混合系において形成されるSEI被膜の元素分布を空間分解能に優れたAESで行いました。

オージェ電子分光法(AES)の特徴

・分析領域が表面数nmと非常に浅い ⇒ 最表面の情報が得られます。
・XPSよりも高い位置分解能 ⇒ ナノレベルの局所分析が可能です。
幅広い元素に対応 ⇒ Liの元素分布も分析できる数少ない手法です。
・トランスファーベッセルの併用で大気非暴露分析が可能です。

最新装置の導入により、位置分解能が約8nmまで向上しました。
鮮明なSEM像取得・微小部分析が可能になりました。

Si/グラファイト混合負極表面の元素分布分析

初期品はSiに比べてグラファイト上により多くのLiが分布している様子が見られ、サイクル品ではLiはグラファイト上に多い傾向が見られたものの、初期品よりその差は小さくなっていることが確認できました。AESを用いることでSEI被膜の組成分布の違いを可視化できます。

リチウムイオン二次電池,LIB,AES,オージェ電子分光分析法,負極,SEM,SEI,大気非暴露

PDF形式 (1826KB)
左のアイコンをクリックすると、別ウインドウで開きます。

資料のダウンロードにはお客様情報の入力が必要となります。

日産アークは安全、環境、品質、新材料開発で蓄積された技術を皆様にご提供いたします。
当社技術営業部では、各分野の材料・分析の専門家が皆様のお問い合わせ、ご相談をお待ちしています。
現象解析から最先端の分析の相談まで、何なりとお申しつけ下さい。

お急ぎの方はお電話ください。046-812-4027