サービス案内

当社は日産自動車から誕生した出発点がユニークな分析会社です。幅広い材料に対して高いレベルで対応できる研究者と設備を有しています。

企業情報はこちら
分析サービス一覧
カテゴリ別一覧

リチウムイオン二次電池
リチウムイオン二次電池の分析前処理技術

最適な前処理技術により、整合性のあるデータをご提供します。

リチウムイオン二次電池の分析前処理

リチウムイオン二次電池には様々な材料が用いられております。また、電解液の分解に起因し、SEIやガスも生成し、気体・液体・固体といった様々な状態がセル中で混在しています。整合性のあるデータを取得するには、最適な前処理技術が必須です。 

電解液回収

特徴: 真空開封採取法により、微量ガス成分の検出・ガス量の把握が可能
対応可能セル: 円筒型(18650)、ラミネート(形状限定)、コインセル

ガス回収

特徴: 真空開封採取法により、微量ガス成分の検出・ガス量の把握が可能
対応可能セル: 円筒型(18650)、ラミネート(形状限定)、コインセル

セル解体

特徴: 様々な形状のセルの解体が可能、立会での解体が可能
対応可能セル: コイン型(2016, 2024, 2032)、円筒型(18650, その他)、角型(モバイル用、車載用、その他)、ラミネート(各種)

大気非暴露搬送

特徴: 試料を大気に曝さずに搬送が可能、数多くの手法で対応が可能
対応可能分析手法: XPS, HAXPES, AES, OM, SEM, FIB, TEM, Raman, FT-IR, SPM, インデンテーション, XRD, XAFS, 固体NMR, DSC

溶媒抽出

特徴: SEI抽出液の詳細な構造情報の取得が可能、電極全体での定量的な評価が可能
対応可能分析手法: 溶液NMR, LC-MS, IC-MS

電池、分析前処理、ガス、電解液、溶媒、リチウムイオン二次電池、解体、大気非暴露、溶媒抽出

PDF形式 (1551KB)
左のアイコンをクリックすると、別ウインドウで開きます。

資料のダウンロードにはお客様情報の入力が必要となります。

日産アークは安全、環境、品質、新材料開発で蓄積された技術を皆様にご提供いたします。
当社技術営業部では、各分野の材料・分析の専門家が皆様のお問い合わせ、ご相談をお待ちしています。
現象解析から最先端の分析の相談まで、何なりとお申しつけ下さい。

お急ぎの方はお電話ください。046-812-4027