サービス案内

当社は日産自動車から誕生した出発点がユニークな分析会社です。幅広い材料に対して高いレベルで対応できる研究者と設備を有しています。

企業情報はこちら
カテゴリ別一覧

共通

高感度TEM-EDXを用いた排ガス浄化触媒の3Dパラメータ解析

高感度TEM-EDXを用いた排ガス浄化触媒の3Dパラメータ解析

貴金属・助触媒の分散状態や基材の空孔構造が把握できます。

燃料電池触媒層の空孔ネットワーク構造解析

燃料電池触媒層の空孔ネットワーク構造解析

燃料電池触媒層の空孔ネットワーク構造を可視化し、定量的に評価します。

触媒の品質管理に役立つ分析技術

触媒の品質管理に役立つ分析技術

触媒は多くの分野にて開発が進められています。この開発にあたり、触媒の担体金属の濃度管理などの品質管理、元素分析による濃度把握などの劣化解析、機能向上のための構造解析などが必要とされています。

Smartオンゴーイング信頼性試験

Smartオンゴーイング信頼性試験

従来の連続信頼性試験では、終了した時点で各種評価を複数の機関で行っていたため、どの時点で故障が起きたのかわかりにくく、評価結果のフィードバックも遅くなりがちでした。日産アークが開始するSmartオンゴーイング試験サービスでは、信頼性試験や各種評価をすべて自社で行うため、異常発生を速やかにとらえ、過剰劣化を防ぎ、迅速なフィードバックが可能です。特に、SiCやGaNなどの次世代パワーデバイスで必要な高温信頼試験(〜300℃)も可能です。

リチウムイオン二次電池分析のラインナップ

リチウムイオン二次電池分析のラインナップ

日産アークでは、リチウムイオン電池の研究・開発において、種々のパーツに応じた最適の分析方法を提案しています。

電子線表面イメージング顕微鏡による観察事例

電子線表面イメージング顕微鏡による観察事例

電子顕微鏡法で試料の「最表面」に関する情報を得る場合、入射電子の加速電圧を極力抑える必要があります。従来型の走査型電子顕微鏡(SEM)の場合、加速電圧は1〜10kV程度ですので、これ以下の加速電圧では二次電子、反射電子の強度低下により、高倍率で鮮明な像を得ることは難しくなります。
当社の「電子線表面イメージング顕微鏡(Electron Probe-Surface Imaging Microscope:EPーSIM)」は、極低加速電圧領域での元素分析・電子回折はもとより高倍率で鮮明な像を得られます。

リチウムイオン二次電池負極材の微細構造解析

リチウムイオン二次電池負極材の微細構造解析

材料の結晶構造を解析し、微細構造モデルを明らかにすることで、部品・製品への有用性を提案することができます。

MVP法(孔内可視化法)

MVP法(孔内可視化法)

当社オリジナル技術である「MVP法」を用いることで、空孔および高分子バインダーを可視化することができます。