サービス案内

当社は日産自動車から誕生した出発点がユニークな分析会社です。幅広い材料に対して高いレベルで対応できる研究者と設備を有しています。

企業情報はこちら
業務形態

研究型

Smartオンゴーイング信頼性試験

Smartオンゴーイング信頼性試験

従来の連続信頼性試験では、終了した時点で各種評価を複数の機関で行っていたため、どの時点で故障が起きたのかわかりにくく、評価結果のフィードバックも遅くなりがちでした。日産アークが開始するSmartオンゴーイング試験サービスでは、信頼性試験や各種評価をすべて自社で行うため、異常発生を速やかにとらえ、過剰劣化を防ぎ、迅速なフィードバックが可能です。特に、SiCやGaNなどの次世代パワーデバイスで必要な高温信頼試験(〜300℃)も可能です。

“EC-in-situ RAMAN法”による電池の状態解析

“EC-in-situ RAMAN法”による電池の状態解析

電池反応の解析には活物質や電解液の状態をその場で分析することが重要です。
EC-in-situ RAMAN法(Electrochemical-in-situ RAMAN spectroscopy)は、光学セルを用いて電位を制御した状態でRAMAN分析を行う手法です。
日産アークでは、充放電を行いながら活物質や電解液の情報を得ることや、一定電位で活物質や電解液の状態およびその分布を見ることができます。

Double cantilever beam (DCB) 法による薄膜の密着性評価

Double cantilever beam (DCB) 法による薄膜の密着性評価

多層膜中の最も弱い部分 (膜内部と界面近傍) の密着性を定量的に評価します。硬質基板に限らず、高分子基板上の多層膜やリチウムイオン二次電池の電極などにも対応できます。

大気非暴露表面分析

大気非暴露表面分析

高純度Ar雰囲気グローブボックスからトランスファーベッセルを用いて
大気非暴露分析を行うことにより電池本来の状態や形態を調べることができます。

リチウムイオン二次電池負極材の微細構造解析

リチウムイオン二次電池負極材の微細構造解析

材料の結晶構造を解析し、微細構造モデルを明らかにすることで、部品・製品への有用性を提案することができます。

電極バインダーの分析技術

電極バインダーの分析技術

リチウムイオン二次電池の性能に深く関わる電極バインダーの樹脂種とその比率がわかります。

MVP法(孔内可視化法)

MVP法(孔内可視化法)

当社オリジナル技術である「MVP法」を用いることで、空孔および高分子バインダーを可視化することができます。

拡散NMR法による電解質の物性解析

拡散NMR法による電解質の物性解析

日産アークでは、リチウムイオン、アニオン、溶媒の自己拡散係数を個別に測定し、電解質の物性を評価することができます。