サービス案内

当社は日産自動車から誕生した出発点がユニークな分析会社です。幅広い材料に対して高いレベルで対応できる研究者と設備を有しています。

企業情報はこちら
タグ別サービス一覧

RAMAN

共焦点ラマン分光法による成分分散状態分析

共焦点ラマン分光法による成分分散状態分析

機能発現にかかわる各成分の分散状態が把握できます。

ラマン法による正極のケミカルイメージング

ラマン法による正極のケミカルイメージング

ラマン法を用いてリチウムイオン二次電池の正極のケミカルイメージングができます。

ラマン法による負極のケミカルイメージング

ラマン法による負極のケミカルイメージング

ラマン法を用いてリチウムイオン二次電池の負極のケミカルイメージングができます。

振動分光によるセパレータの組成分析

振動分光によるセパレータの組成分析

振動分光を用いてセパレータの組成分析ができます。

in-situ RAMAN分析法によるリチウムイオン二次電池の負極材分析への応用

in-situ RAMAN分析法によるリチウムイオン二次電池の負極材分析への応用

リチウムイオン二次電池の負極電極材の分析事例をご紹介します。不活性ガス雰囲気でのin situ RAMANマッピング分析を実現することで、化学状態(結晶性)から電極構成成分(活物質、バインダー、固体電極インターフェース、付着物)の可視化に成功しました。
リチウムイオン二次電池の内部抵抗の増加要素における研究開発に貢献します。今まで困難であった固体電極インターフェースの生成・劣化解析の解明に貴重なデータ・情報を提供します。

走査型共焦点レーザ顕微鏡とラマン分光法によるポリマーアロイ観察

走査型共焦点レーザ顕微鏡とラマン分光法によるポリマーアロイ観察

・レーザ顕微鏡では焦点深度の大きいクリアなカラー画像が得られます。
・試料の大きさや材質などに影響されず、かつ試料へのダメージを与えません。
・さらに、ラマン測定によりその化学情報の分布が分かります。

DLC膜の炭素状態分布(表面ドロップレットの分布)

DLC膜の炭素状態分布(表面ドロップレットの分布)

DLC膜の炭素状態分布をコンフォーカルラマンマッピングにより可視化できます。