オリジナル技術N-ARC法による高分子成形品の組織解析

射出成形品に生じる不具合現象の発現因子を見極めます。

N-ARC法(New Analysis of Resin(Rubber) Cross Section)による組織解析

N-ARC法観察は、高分子成形品の溶融樹脂流れ痕跡や高次構造を鮮明に可視化する手法です。成形条件の選定~市場不具合解析まで、現象の解明と対策へ導きます。
他の分析を併用することで、可視化した情報を多面的に分析・解析することができます。
成形条件と組織変化の解析から、最適な条件を選定できます。
更に詳しい情報を掲載した資料をダウンロードできます。

PDF形式
左のアイコンをクリックすると、別ウインドウで開きます。

資料のダウンロードにはお客様情報の入力が必要となります。

×

分析についてのご相談などお気軽にお問い合わせください。