スポット溶接部の残留応力解析ができます

スポット溶接では溶融・凝固過程が極めて複雑で、残留応力がどのように生じているか判断するのは極めて困難でした。
マイクロX線回折により、溶接部の深さ方向および面内方向に対する残留応力測定が可能となりました。面内方向に対する測定例を以下に例示します。

スポット溶接部の残留応力測定(圧延方向;RD)

スポット溶接部の残留応力測定(横方向;TD)

×

分析についてのご相談などお気軽にお問い合わせください。