三次元透過型電子顕微鏡を用いた多孔質膜内空孔の三次元観察

・多孔質膜内空孔の三次元形状を観察することができます。
・空孔の連結性を可視化し、評価することができます。
・三次元像の画像処理によりネットワークを特徴づけるパラメータを抽出(数値化)できます。
繋がっている空孔を同色で示すことで、空孔の連結性を評価出来ます。また、連結空孔を粒子分離処理することで、空孔径分布を求められます。
掲載資料をダウンロードできます。

PDF形式
左のアイコンをクリックすると、別ウインドウで開きます。

資料のダウンロードにはお客様情報の入力が必要となります。

×

分析についてのご相談などお気軽にお問い合わせください。