先進LIB用混合電極の各種分光法を用いた劣化解析

活物質を識別して活物質や被膜の状態・物性を調べることが可能です

Si系/Gr混合負極とその分析課題

Si系/Gr混合負極は、Si系の特徴である高容量を活かしつつサイクル特性を向上させる電極構造として、研究開発が盛んに行われていますが、その特性向上のためには、活物質を識別した上での劣化要因解析が必要です。

Si系/Gr混合負極の分光分析ラインナップ

高い空間分解能を持つ、SEMやSPM、AES、ラマンなどは混合電極の分析に効果的です。 各分析を組み合わせることにより、活物質の識別と、状態の把握が可能です。また、Li感度が高く検出領域の近いXPSや、より深い領域を検出できるHAXPESは、局所分析を補完する上で有益な情報を得ることができます。
掲載資料をダウンロードできます。

PDF形式
左のアイコンをクリックすると、別ウインドウで開きます。

資料のダウンロードにはお客様情報の入力が必要となります。

×

分析についてのご相談などお気軽にお問い合わせください。