内部ガスの回収と定性・定量分析

真空開封採取により、無機・有機ガスの定性・定量分析が可能です。

セル内ガス分析

電池の使用にともない内部では電解液の分解が生じ、様々な生成物が生じます。これらの挙動を把握することは電池の性能や寿命および安全性の向上につながります。分解成分の中でもガス成分は非常に電池内部の状況を反映しており重要な情報を有しています。日産アークでは電池内の密閉した空間内の少量のガスについてでも大気の影響を受けずに成分や量を測定し、分析結果をご提供いたします。

真空開封採取によるガス回収の概略図と測定結果

真空開封採取後、有機系ガスをGC-MS、無機系ガスをGC-DBDで測定を行った。
水素、一酸化炭素、二酸化炭素などの無機ガスに加えて、メタン、エタンなどの炭化水素や、PF6-のアニオン分解によって生じたフッ素との反応物であるフッ素系有機成分も検出されました。

サイクル試験による内部ガスの変化と推測される主要なガス発生反応

電解液とリチウムイオンとの還元反応により、初期段階でメタンが生成し、サイクルによりCOガス等も検出されました。
掲載資料をダウンロードできます。

PDF形式
左のアイコンをクリックすると、別ウインドウで開きます。

資料のダウンロードにはお客様情報の入力が必要となります。

×

分析についてのご相談などお気軽にお問い合わせください。