第一原理計算によるLIB用電解液の分解反応シミュレーション・解析

電解液設計を大規模反応シミュレーションで支援します。

電極表面における電解液の分解反応

電解液組成や電極表面、界面中の電解液構造が関わる、複雑な蓄電池用電解液の分解反応は、第一原理MD計算でシミュレートすることで、その詳細を捕らえることができます。
日産アークでは、膨大なコストを要する電解液の分解反応のシミュレーションや解析を、大規模第一原理MD計算技術と局在軌道解析法に基づいて効率的に実施し、反応パス解明や未知反応予測から界面設計指針をご提供します。

シミュレーション方法

実施例:プロピレンカーボネート (PC) のLi金属負極における還元分解反応

異なる還元反応パスが発生する機構や還元電子移動過程の詳細を解明しました。
・分子の表面吸着配向によって還元電子の移動パスが変化することで、
反応の多様性が発生
・還元電子の軌道間移動パスを詳細に解明
掲載資料をダウンロードできます。

PDF形式
左のアイコンをクリックすると、別ウインドウで開きます。

資料のダウンロードにはお客様情報の入力が必要となります。

×

分析についてのご相談などお気軽にお問い合わせください。