高分子材料の劣化メカニズム解析

フーリエ変換赤外分光分析法(FT-IR)、X線光電子分光分析法(XPS)、エネルギープローブマイクロアナライザー法(EPMA)など複数の分析手法を組み合わせることで、高分子材料の劣化メカニズムを解析することができます。

高温で金属(亜鉛メッキ)と接触し、硬化したアクリルゴムの劣化解析事例

×

分析についてのご相談などお気軽にお問い合わせください。