NMRによるケイ素材料の解析

有機系、無機系を問わず、ケイ素材料の構造解析には29Si-NMR分析が有効です。
シリコーン(=ポリオルガノシロキサン)系の材料ではSiに直接結合したOの数により、SiをM(一官能性)、D(二官能性)、T(三官能性)およびQ(四官能性)と表現します。29Si-NMRスペクトルでは化学的環境の異なるこれらのSiを識別することが可能です。また、Si-O-Si結合の数によりQ0~Q4とさらに詳しい構造の識別が可能です。
更に詳しい情報を掲載した資料をダウンロードできます。

PDF形式
左のアイコンをクリックすると、別ウインドウで開きます。

資料のダウンロードにはお客様情報の入力が必要となります。

×

分析についてのご相談などお気軽にお問い合わせください。