NMRを用いた材料中の分子・イオンの拡散挙動の観測

・分子やイオンが材料の中を移動する際の自己拡散係数を測定できます。
・試料中の異なる成分についての拡散に関する情報がそれぞれ得られます。
・ポリマーなどの遅い成分の拡散も測定が可能です。

携帯電話やモバイルPCのバッテリーとしても広く使われているリチウムイオン電池の電解質について、PFG-NMR法による拡散係数の測定をおこないました。
溶媒分子の速い拡散からポリマーのゆっくりした拡散まで、測定核種とピークを選択することによって電解質を構成する各成分の拡散係数が得られました。また、別の電解質では、その中を速く拡散するLiイオンと遅く拡散するLiイオンとが存在することが分かりました。
掲載資料をダウンロードできます。

PDF形式
左のアイコンをクリックすると、別ウインドウで開きます。

資料のダウンロードにはお客様情報の入力が必要となります。

×

分析についてのご相談などお気軽にお問い合わせください。