X線小角散乱法(SAXS)による液体中に分散したナノ粒子の構造解析

・数十nm以下のナノ粒子のサイズを定量的に評価できます。
・粒子径分布や、粒子形状を解析できます。
・粒子の組成を問わず、有機物、無機物のいずれも測定できます。

測定・解析例 金コロイド粒子

測定結果を解析し、ナノ粒子の半径を定量的に8.7nmと評価することができました。粒子径分布を求めることができました。
掲載資料をダウンロードできます。

PDF形式
左のアイコンをクリックすると、別ウインドウで開きます。

資料のダウンロードにはお客様情報の入力が必要となります。

×

分析についてのご相談などお気軽にお問い合わせください。