ISOへの取り組み
ISO/IEC17025:2017

品質向上活動への取り組み

日産アークは、安全で安心な「ものづくり」のため、自動車の研究・開発で培った高度な試験・分析&解析技術を、幅広い業界に提供してきました。この支援をさらに向上させるため品質マネジメントシステムを導入し、ISO/IEC17025:2017規格に認定をされました。
ISO/IEC17025:2017へ適合することによってISO9001相当の品質マネジメントシステムへの適合性が保証されるとともに、分析会社としての技術的能力に関する適合性も保証されます。
これからも全社員一丸となって、品質活動への取り組みを強化・継続していきます。

品質方針

「材料の分析・解析」技術で広く社会に貢献したいという企業理念のもと、 ラボラトリの公平性を維持し、商品とサービスの品質をトップレベルになる事を 目標に取組みます。

1.高品位な「試験・分析」や「解析」サービスの提供
2.顧客からの要求事項及び関連法規制要求事項の遵守
3.「顧客満足」と「品質向上」の継続的な維持と改善

取得規格 ISO/IEC17025:2017
取得日 2020年4月2日
認定マーク
登録活動範囲 現象解析部 現象解析室 モルフォロジー解析チーム
機械的試験:金属材料 ビッカース硬さ試験
ISO14001:2015

環境保護活動への取り組み

日産アークは親会社である日産自動車と共に以下の取り組みを行っています。
日産は、環境理念である「人とクルマと自然の共生」を実現するため、中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム(NGP)」を推進しています 。
2001年度に始動したNGP2005は、NGP2010、NGP2016を経て第4世代となるNGP2022に発展しました。環境課題に対する取り組みを加速させると同時にビジネス基盤を強化し、社会価値の創出のため、商品や企業活動のみならず、サプライチェーン全体で取り組みを推進します 。

環境方針

企業ビジョン: 人々の生活を豊かに
環境理念: 人と車と自然の共生
環境方針: 環境保全の基本は人間の「やさしさ」の発露にあると考えます。
われわれ一人ひとりが環境に対する正しい認識を深めるとともに、人や社会、自然や地球を思いやる「やさしさ」をクルマづくりや販売などの企業活動全域に活かし、より豊かな社会の発展に貢献します。
事業活動やクルマによって生じる環境への依存と負荷を自然が吸収可能なレベルに抑え、豊かな自然資産を次世代に引き継ぎます。
究極のゴール: 事業活動やクルマによって生じる環境への依存と負荷を自然が吸収可能なレベルに抑え、豊かな自然資産を次世代に引き継ぎます
我々のありたい姿: シンシア・エコイノベーター
取得規格 ISO14001:2015(JIS Q14001:2015)
初回認定日 1997年5月14日
認証番号 4069436
認証範囲 自動車及びその関連部品の企画、開発、製造