サービス案内

当社は日産自動車から誕生した出発点がユニークな分析会社です。幅広い材料に対して高いレベルで対応できる研究者と設備を有しています。

企業情報はこちら
カテゴリ別一覧

リチウムイオン二次電池

リチウムイオン二次電池の分析前処理技術

リチウムイオン二次電池の分析前処理技術

最適な前処理技術により、整合性のあるデータをご提供します。

大型セルの解体・分析A

大型セルの解体・分析A

大型セルの局所的な電池特性の解析や電極の分析が可能です

大型セルの解体・分析@

大型セルの解体・分析@

大気非暴露環境下における解体・分析の実績は、ナンバーワンです。

リチウムイオン二次電池分析のラインナップ

リチウムイオン二次電池分析のラインナップ

日産アークでは、リチウムイオン電池の研究・開発において、種々のパーツに応じた最適の分析方法を提案しています。

グローブボックスを用いた大気非暴露分析

グローブボックスを用いた大気非暴露分析

日産アークでは、リチウムイオン二次電池の研究・開発において、種々のパーツに応じた最適な分析方法を提案しています。

“EC-in-situ RAMAN法”による電池の状態解析

“EC-in-situ RAMAN法”による電池の状態解析

電池反応の解析には活物質や電解液の状態をその場で分析することが重要です。
EC-in-situ RAMAN法(Electrochemical-in-situ RAMAN spectroscopy)は、光学セルを用いて電位を制御した状態でRAMAN分析を行う手法です。
日産アークでは、充放電を行いながら活物質や電解液の情報を得ることや、一定電位で活物質や電解液の状態およびその分布を見ることができます。

XPSによる正極表面の電子状態分析

XPSによる正極表面の電子状態分析

XPSを用いてリチウムイオン二次電池の正極表面の電子状態分析ができます。

TEM-EELSによる正極遷移金属価数の局所分布評価

TEM-EELSによる正極遷移金属価数の局所分布評価

TEM-EELSを用いてリチウムイオン二次電池の正極遷移金属価数の局所分布評価ができます。