微小部赤外光分析 (AFM-IR) 立会分析のご案内

AFM-IR分析はご要望を反映するため立会分析で行っています

日産アークのAFM-IR分析について

AFM-IR法は赤外光吸収による試料の分子振動をカンチレバーで検出します。AFMのため形状把握能力が高く、さらに数百nm領域の化学情報も取得できます。一方、スペクトルの波数分解能・測定波数範囲・ピーク強度・感度など通常のIRスペクトルと異なる点もあります。当社では、お客様のご要望を確実に反映できる測定をするために、AFM-IRは立会分析にて受託しております。

立会分析費用

・基本料金 (1案件あたり) :110,000円
・立会測定 (1時間あたり) :110,000円
・事務手数料:12,000円

 ※ 試料2点で4時間が目安です。

nano-IR2 (照射型光学系) で取得可能なデータ

・微小部 (100nm~) のIRスペクトル*
・ラインスペクトル*
・単波長照射下でのケミカルイメージ**

   * :コンタクトモード、タッピングモード対応可能
   **:1~5μm□、分解能20nm~、コンタクトモード

対応可能な波数範囲

・パルスレーザー (PL)
 1000~1900cm-1、2700~3600cm-1
・量子カスケードレーザー (QCL)
 1000~1800cm-1

測定用サンプルについて

・原則として、ミクロトームで作製した薄片試料を用います。薄片を貼付けるための基板は当社からご提供いたします。
・薄片化が困難な場合は研磨面でも測定可能ですが、スペクトルの品質は低下する場合がございます。
・当社での試料調製も可能です (16.5万円~) 。

納期について

・お客様にてサンプル調製いただく場合、2~4週間 (ご予約状況により変動します)
・当社にてサンプル調製を実施する場合、4~8週間 (難易度により変動します)
掲載資料をダウンロードできます。

PDF形式
左のアイコンをクリックすると、別ウインドウで開きます。

資料のダウンロードにはお客様情報の入力が必要となります。

×

分析についてのご相談などお気軽にお問い合わせください。